VLSCに入れなくなるMSアカウントをなんとかする。

ボリュームライセンスセンターのログインでMicrosoftアカウントが使えなくなった。

ここしばらくV契約で買ったソフトを新規に入れることがなくて気づかなかったが、告知欄でも2020年10月以降MSアカウントが使えなくなると書かれているし、少し前から「操作が必要」の警告は出ていたのに面倒でスキップしていて気づいたら「あと1回」とか煽られた。MSさんは1年も猶予を与えてくれていたというのにMS信者としては失格である。

個人のVL契約は「死ぬまで有効」な悪魔の契約にもかかわらず、それが参照できなくなるとかありえない。でもあくまで個人の契約だから個別ドメインの「職場アカウント」なんて持って無いし。

VLSC アクセスのための職場または学校アカウントへの移行
https://docs.microsoft.com/ja-jp/licensing/work-school-accounts-migration-faq

冒頭部を引用 ・・・移行する理由
Microsoft は、職場または学校のアカウントを必要とする M365 管理センターなどの最新のプラットフォームにボリュームライセンス機能を移行することが増えています。 職場または学校のアカウントに移行することで、ユーザーは、ボリュームライセンスサービスセンターやその他の Microsoft サイトでの Visual Studio など、オンプレミスのソフトウェア、オンラインサービス、およびサブスクリプションを管理するための1つのログイン ID を持つことができます。


はい、日本語でおk!

この説明を見てMSアカウントで入れなくなることが何なのか理解できるほどVL契約をしている逸般的な個人や独自ドメインを持たない個人事業主が利口とは思えない。

結論からいうと「操作が必要」画面の中の「アクションを実行」で入れる画面で、Microsoft 365のAzure ADアカウント(namae@xxxxx.onmicrosoft.com)を任意に作成でき、それを「職場アカウント」として使うことができた。

画面の指示に従って、Windows 365アカウントを作成。

1.現在の有効なメールアドレスを入れてメール着信確認。
2.名前などを入れる。
3.xxxxx.onmicrosoft.comに使うxxxxの部分を決める。
4.namae@xxxxx.onmicrosoft.comの形式のアカウントとパスワードを決める。
これが今後VLSCにログインするための「職場アカウント」になる。

アカウントの作成画面がWindows Store for Business Trialとなっていて意味不明な感じだが、作成したアカウントがWindows 365の管理者アカウントになる。Office365のライセンスを適用させるとメールアドレスとして使えるが、ライセンスを適用しなくてもVLSCを使うだけなら問題ない(と思う)。

これで無事継続してVLSCを使い続けられる。VLSCで取得できた永続版のソフトウェアやプロダクトキーはMicrosoft 365 管理センターで取得できるようになっていた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中