DX-SR9でSDR

Alinco DX-SR9の目玉機能に掲げられているSDR対応を試してみる。

メーカーのカタログで標準ソフトとしてKG-TRXというフリーソフトが紹介されている。IQ(IF)出力のセンター周波数が12kHzなのでDC領域から取り込めたとすると0~24kHz、IとQ両方合わせてSDRで利用できるバンド幅は48kHzが上限となる。SR9のSDR機能をフルに活用するなら上限で24kHzまで取り込みできる、サンプリングレートが48kHz16ビットを使うのが最適なのだが、最近のハイレゾ対応のものならよいかもしれないが、48kHzが上限のオーディオ用サウンドアダプタ24kHzあたりまでフルフラットか怪しいし、0Hz(DC)なんてどう考えてもそのままでは取り込めない。

したがってオーディオアダプタの周波数特性に依存してSDRの特性も変わってくる。理屈は小難しいが、こういうのは実際に見てみるほうが早い。

7MHz CWのあたり
7.1MHz SSBのあたり

ノイズフロアがこんもりしていてこれがそのままSR9+オーディオアダプタを組み合わせた特性になる。仮にDCから取り込めるAD変換ボードで取り込んだうえでSR9の逆特性で補正してフルフラットになればノイズフロアは平らになるはず。

ノートPCのオーディオ入出力が4極コネクタで変換するのが面倒だったので古いUSBアダプタを使ったらハマった。Windows 10のインボックスドライバだとサンプリングレートが変更できないしモノラルでしか取り込みできず変なことに。メーカーにはWindows 7 64ビットまでのドライバしかなくて、そのままでは正しくインストールできず、セーフモードでインストールしてやっと使えるようになった。

正直Windowsのサウンド周りの設定さえ理解して設定できれば2chステレオのAF信号を扱っているだけなのでトラブルらしいトラブルは起こらない。このソフトの機能はシンプルで他のSDRソフトを使ったことがあれば難なく使えるだろう。ほかのSDRソフトと違うのは送信にも対応しているのでPCに内蔵するオーディオインターフェースは入力と出力が2組必要。出力は外部モニタがHDMI経由の音声出力を持っているなら活用できる。入力はマイクとLINEステレオ入力を独立で確保できないならもう一つオーディオインターフェースを追加する必要がある。

性能はIC-R8600とは比較にならないとはいえ、いちおうSDRとして受信ができることは分かった。SDRのトランシーバーがどういうものか理解するのには良い教材だと思う。正直これの使い方に言及している情報がほとんど探せなくて、ごくわずかに見つかるが、国内で使っている人がどれだけ居るのか疑問ではある。

FT-450DよりDX-SR9のが使っていて面白い気がする。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中