Open BusinessのMSDNを再契約するか悩む。

Microsoftのボリュームライセンス販売形態のうち「Open Business」が今年で終了する。一般的な個人でWindows使用している人にはあまり関係が無いが、逸般的な個人でWindowsを使っている人にはおおいに関係が有る。

「Open Business」はライセンス(L)単体と2年単位の保守契約(SA:ソフトウェアアシュアランス)を購入できる制度で、初年度はL+SAで購入、それ以降は2年分SAを購入することで保守契約を継続できる。SAの契約中はバージョンアップの最新版が出た場合にそれを使う権利とか、会社のほかに自宅で同等ソフトを安く使えるとか、ライセンスを他のマシンに移せるとか、逸般的には便利なことができる。

「Open(Business)」が廃止になった後は「Open Value」で似た契約ができるものの、これはライセンス(L)単体と3年単位の保守契約(SA)になるのでSAの期間がそんなに要らない場合は実質値上げになる。(ライセンス自体はSAが終了した後でも有効だから終了時点のバージョン、マシンを使う限り使い続けられる。) 後ガマになる他の販売形態としてはライセンス単体のみの「Microsoft CSP永続型ライセンス」、サブスクリプションのみの「Microsoft 365 CSP」があり、それぞれで提供される製品が異なる。

じゃあ具体的にどうなのってことでオンライン見積ができるリセラーで確認してみた。自分が個人的に欲しいのはWIndows Enterprise、Office Pro、Visual Studio Pro w/MSDN。

購入段階になるとOpen Business、Open Valueはこの値段から少しだけ値引きされる。L(UP)相当とSA(1年)相当の項目は単純にBusinessのLは定価の2/3、SAが1/3、Open ValueのLは定価の1/2、SAが1/4の値に案分しただけだからSAだけで購入する場合とは異なる。値上げ率は単純に定価の比率だけ。

Windows11もVisual Studio 2022ももうすぐ出るし、MSDNを今年中にOpen Businessで2年継続するか、Visual Studio 2025(仮称)が出てくる目途が立ってからOpen Valueで契約するか悩ましかったが、Windows Ent、Office Pro Plusは単年度のL・SAで見ると安くなっているのに、MSDNは単年度のL・SAでも値上げになっていると分かったから、今年中にOpen Businessで契約したくなった。それに個人的に使う開発ツールに出すお金としてOpen Valueの20万円近くっていうのは腰が引ける。

Officeに関してはいろいろ思うところはあるが、個人向けOfficeの永続版が59,000円程度で売られていることと、値上げ幅がさほどでもないことを考えるとバージョンアップ版を買うことを前提にしているならx2相当の12万円っていうのはぎりぎり許せるラインなのかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中