IBM PCDOS 2000日本語版の差異を調査する。

この2枚のPCDOS 2000 日本語版のCD、右のプリンタブルCD-Rはどうみてもパチもんくさい。

だが、両方とも真正のIBM製でライセンスも正しく付与されている正規品。

参考:
PC DOS 2000 日本語版

CD-ROM版は発売時期によって初期の製品はプレスCDで、後期の製品はプリンタブルCD-Rで提供されいる。肝心の中味はというと、ISOイメージのバイナリ比較で一致するから完全に同じ。

ちなみにボリューム情報を見てみるとこんな感じ。Aplixのオーサリングツールを使っているらしい。もしかしてWinCDR?

前期後期で箱の出来はだいたい同じだけど、マニュアルは初期の製品のほうがきれいな装丁で、コレクションするとかソフトウェアラックに飾っておくとかなら初期製品がいい。

この一致情報を誰が欲するのか不明だが、Windows 3.1みたいに出荷時期によって仮想PCソフトで動くとか動かないとかで悩まされる心配は無いことが分かった。

参考:
Windows 3.1のセットアップファイル差異にハマる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中