スタンド充電器の中を確認。

ICOMのハンディトランシーバー用の急速充電器、スタンド型だから置いて使うときなど便利なのに基本別売でそこそこ高価だからオプション商法などと揶揄される。

現在唯一のハンディ機ICOM IC-T70もそのパターンでこの機種専用のBC-191が入手できなくなる前に買った。

まあ、ごく普通。

アイコム製の機器はこのあたりのカッチリ感がアルインコ製より良い感じ。アルインコのDJ-X7なんかはスタンドチャージャーが附属してるけどなんかグラグラしてて接触不良気味になったりする。

BC-191は本体ときちっと勘合して気持ちがいい。でも値段が高いのに中身が接点だけとか有り得ないし、とりあえず分解してみた。

回路のトレースはしたくないくらいの集積度。ルネサスの8ビットマイコンμPD789112、富士通のレギュレータIC MB3759、JRCのオペアンプNJM2904 なんかの国内メーカーの集積回路が載っている。基板も多層基板で受動パーツ類もしっかりした印象。アマチュア無線機用としてはもったいないくらいの作り。

アイコムのメイド・イン・ジャパンへのこだわりを感じた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中