Sound Blaster Z ふたたび。

Sound Blaster Z を買い直した。

PC環境の整理のつもりで数年前に売ってしまったが、オンボードサウンド(カニ)ではやっぱりいまいちで、ちょうど良いくらいの使い勝手と音質と値段のサウンドアダプタを検討すると内蔵タイプのSound Blaster Zが適していると理解して、中古を探したけど完品だと7~8千円くらいで結構値が張るから新品で買い直した。ヨドバシポイント使って7,000円くらい。後継機を検討したら32 ビット/384kHz DACは魅力的でも、光入力が無くなってて微妙に高いし3色LEDとか要らないし、SB-Zがディスコンになる前に再度入手。

前に買ったときは中国語の表記が無かった気がする。でも今回は箱や説明書の中国語の簡体字や韓国語の注意書きをハングルで読んでおぼろげながらも理解できるようになっていた。ちょっと嬉しい。

SB-Zより前に使っていた拡張カードのサウンドカードはSound Blaster AWE 64 Gold までさかのぼる。Sound BlasterのロゴがAWE64とSB-Zで変わらないことにCriative社の自信を感じた。それ以降サウンドアダプタはオンボードで十分だったが、少し前から普及しているハイレゾオーディオに対応させるならこの世代以降が欲しくなる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中