DOS/Vでネットワーキング – 1

仮想PCソフト上のPC DOS(MS-DOS)でもネットワークを使いたい。それもDOS/Vの日本語環境で動かしたい。DOSのネットワークソフトはデバイスドライバや常駐ソフトで実現されてるから、基本メモリの使用量が多くて英語環境でもなかなかハードルが高い。DOS/Vのネットワーク環境設定ができるならばDOS設定上級者を名乗っても良いだろう。

DOS/Windows3.1でネットワークを使うためには追加のソフトを入れて設定しなければならない。

Microsoft LAN Managerを使う。Windows Server NT 4.0日本語版のCD-ROMにDOS/Vの日本語版が入っている。
・Microsoft Network Clientを使う。これもWindows Server NT 4.0日本語版のCD-ROMに入っているが、日本語化されておらず英語版。

DOS上はあきらめてWindows 3.1のみでTCP/IPを使うなら次のものが楽。
・Microsoft InternetExploereを使う。
・市販ソフトやシェアウェアのWinSockを使う。Trumpet Winsock、Chameleon TCP/IP WinSock、CentreNET PC/TCPなど。

今回はVirtualBoxとVMwareのPCDOS2000でMicrosoft LAN Managerを使えるようにする。どちらの仮想PCソフトもNICはAMD PCNet Fast Ⅲをエミュレートするので共通の環境(ディスクイメージ)で使えるはず。

すでに使える状態になっているPCDOSにMS LAN Manager(LANMAN)のセットアップを行う。セットアップ中に指定するNICはLANMAN標準で選べるNE2000にしておき、後でNDISドライバを置き換える。どこかからPCNet FastⅢのNDISドライバPCNTND.DOSを持ってきて適当なディレクトリにコピー。PROTOCOL.INIとCONFIG.SYSを編集する。設定後に再起動してエラー無く起動完了したら完成。

C:\CONFIG.SYS
remが付いている行はメモリ削減のために一時無効にしたもの。メモリに問題が無ければ有効にしてもよい。

BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=H
STACKS=9,256
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=081,932,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE RAM
rem DEVICEHIGH=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICEHIGH=C:\DOS\$FONT.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\$DISP.SYS /HS=OFF
rem DEVICEHIGH=C:\DOS\$IAS.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\ANSI.SYS /X
DEVICEHIGH=C:\DOS\POWER.EXE
DEVICEHIGH=C:\LANMAN.DOS\DRIVERS\PROTMAN\PROTMAN.DOS /i:C:\LANMAN.DOS
DEVICEHIGH=C:\LANMAN.DOS\DRIVERS\ETHERNET\PCNTND.DOS
DEVICEHIGH=C:\LANMAN.DOS\DRIVERS\PROTOCOL\tcpip\tcpdrv.dos /i:C:\LANMAN.DOS
DEVICEHIGH=C:\LANMAN.DOS\DRIVERS\PROTOCOL\tcpip\nemm.dos

C:\AUTOEXEC.BAT

@ECHO OFF 
PROMPT $P$G
PATH C:\WINDOWS;C:\DOS;C:\LANMAN.DOS\NETPROG;C:\UTY
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
SET TEMP=C:\TEMP
SET TMP=C:\TEMP
LH C:\DOS\KEYB.COM JP,932,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
LH C:\DOS\SMARTDRV.EXE
@REM ==== LANMAN 2.1 === DO NOT MODIFY BETWEEN THESE LINES === LANMAN 2.1 ====
C:\LANMAN.DOS\DRIVERS\PROTOCOL\tcpip\umb.com
NET START WORKSTATION 
LOAD TCPIP
LOAD NETBEUI
@REM ==== LANMAN 2.1 === DO NOT MODIFY BETWEEN THESE LINES === LANMAN 2.1 ====

C:\LANMAN.DOS\PROTOCOL.INI
斜体のところを編集する。NE2000用の設定は削除。

[PROTMAN]
DRIVERNAME = PROTMAN$
DYNAMIC = YES
PRIORITY = NETBEUI

[TCPIP_XIF]
DRIVERNAME      = TCPIP$
IPADDRESS0 = 
SUBNETMASK0 = 
DEFAULTGATEWAY0 = 
NBSESSIONS = 6
; the following two parameters added after documentation was completed
TCPSEGMENTSIZE  = 1450
TCPWINDOWSIZE   = 1450
LOAD            = tcptsr[c],tinyrfc[c],emsbfr[cr]
UNLOAD          = "unloadt /notsr[dc]"
BINDINGS = "PCNTND_NIF"
NETFILES = C:\LANMAN.DOS\ETC
LANABASE = 0

[NETBEUI_XIF]
Drivername = netbeui$
SESSIONS = 6
NCBS = 12
BINDINGS = "PCNTND_NIF"
LANABASE = 1
 
[PCNTND_NIF]
DriverName = PCNTND$
 

SETVERとかFEPとかいろいろ削ったが240kBも基本メモリを消費して、残りメモリが400kB弱しかない。この状態だとCD-ROMドライバやFEPは無理で排他にせざるを得ない。EMSを使いたいのであまり拘らなかったが、EMM386の設定でNOEMSの指定や前に試したUMBの設定も組み合わせると使用済み190kB、使用可450kB程度に。

生のDOSでもNetBEUIでファイル共有やTCP/IPスタックなどの最低限のネットワーキングができるようになった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中