アマチュア無線局を再開設した。

コロナ騒ぎでアマチュア無線機で欲しかった機種が生産中止になるとかいう情報に踊らされて結局買ってしまったHF無線機のFT-450D。短波を受信する目的で電波を出すつもりが無くても無免許でアンテナをつないだらダメだから素直に免許を下ろした。

数年前に廃局したとき、機器類はすべて処分したから今回はすべて買いなおし。以前の構成は自分にとって大げさだったし今回はなるべくシンプルな構成に。

・YAESU FT-450DM HF+50MHz/50W 固定機
・ICOM IC-T70 144/430MHz/5W ハンディ機
・YAESU ATAS-25 7~430MHz移動用アンテナ
・Alinco DJ-X11A 受信機
・Alinco DM-320MV 17A電源

すでにある30V3AのCVCC電源が50W機で使うには容量不足で使えなかったからアルインコの電源を新規に買うことに。スイッチング式のがいいかもとは思った。

FT-450DはHF固定機として必要最低限のものを備えている。以前使っていたIC-4700と比較して操作体形や機能が劣るところはあるが、DSPの処理はFT-450Dのほうが自然に聞こえる。今やDSP無しのHFは考えられない。アマチュア無線もこの15年の差は大きい。IC-730mk2GはATU外付けで一体化させると結構かさばっていたし、IC-7400はATU内蔵でも重くて50W固定措置で移動局用なのに持ち出しするようなフットワークの軽さは無し。FT-450Dは小さくて軽いうえにATUを内蔵しているのが良い。

アンテナは、ブロードバンドアンテナはお断りとしてもマルチバンドには対応させたいってことで、内蔵ATUのフル活用を考えて自動チューニングのATAS-120Aやロングワイヤー用のFC-40ではなく手動チューニングのATAS-25を選択。移動運用向けアンテナは各社出てるがATAS-25はカメラ三脚に直接固定できるのが特徴。これのマッチングシステムが摺動式のコイルでアマバンド外も連続カバーできるから短波帯の受信に活用できる。※ATAS-120AやFC-40を使うと内蔵ATUが無効になる。それだったら最初からATU無しで販売終了にならないFT-891のが無駄がない。430/2mが入っていないからか人気が無いけど、FT-450DとかFT-891はもっと評価されても良いと思う。

今日の昼過ぎは18~29MHzのどこでも国内中距離が良く聞こえてにぎやかだった。

FT-450Dの動作電源電圧のマージンが少ない(カタログスペックは13.8V±10%)ので不評らしい。フルパワーで無変調送信してどこまで耐えるか簡単に評価したら付属電源コードの接続点で10.5V(-23.9%)、本体のVCC電圧表示機能で9.6V(-30.4%)までは各バンド、チューナONでも落ちることなく動作。鉛バッテリーの充電終止電圧が10.5V(1C)~10.8V(0.1C)程度だからそれくらいで落ちるほうが、バッテリー上がりも防げてちょうどいいんじゃないかな。

今回の局免取得時に気になった項目。

1.1.9MHz帯の電波形式。
1.9Mの申請について機器の取説ではA1Aだけど、特に何もせず総通へ技適機3MAで出したら、免許も3MAになった話。

15年前の免許では1.9MHz帯はA1Aのみだった。現在は狭帯域データ通信が普及してA1A以外も一般的になり1.9MHz帯も一括形式の3MA、4MAで表記されるようになった。しかし総通で技適の対象によって1.9MHzが個別指定でないと許可されないっていう事例がこの数年以内でもあった様子。今回買った機種はまさにその事例に該当していて取説はA1Aで申請するように書かれている。でも、せっかくの新技適機を未改造で使うのだし一括形式3MAで免許を下ろしたかった。データ通信といってもPCを音声入出力につなぐだけの付属装置なのにTSS保証認定を使いたくないし。取説はA1Aで出せって書いてあるのを無視して、電子申請の3MAにチェックを入れる。技適機のみで、附属装置無し、改造無しで総通に直接申請。指摘や確認、特記事項も無く3MAで免許が下りた。

もうひとつ理由があって最近解放された1.9MHzのSSBに関係する。1.9MHzはさる4月21日で全電波形式が許可されたが、現状では一括形式3MA、4MAにSSBのJ3E他が含まれていない。4月24日公示のパブコメの内容から察するに1.9MHzの一括形式3MA、4MAにSSBの形式が自動的に含まれるようになる可能性が高い。仮に1.9MHzがA1Aでしか許可されてなかったらSSBを使うには免許状の差し替えを伴う変更申請が必要になるが、1.9MHzが3MAで許可されていたらそのままSSBを使うことができる、あるいは変更だけでできる可能性が高い。アイコム機は同一番号で技適を再取得してくれるらしいけどヤエスはそういう対応は発表されてない。この機種の技適の内容では1.9MはA1Aのみだから変更届は要る気がする。だから現時点で1.9MHzを3MAで下ろしておきたい。まあ短波のローバンドですらない中波の1.9MHz帯でSSBするかと問われたらたぶんしないけど。

1.9Mは3MA。


2.PCを附属装置とするときの申請の簡略化
ずいぶん前にこのブログで書いたとおり、PCを附属装置として申請するときはいろいろ突っ込まれて「できるだけ曖昧にする」という手法で通したが、それが2年前にようやく一般化した。いろいろ変わったなあ。

3.あいかわらずの返信用封筒。
電波利用申請のサイトは結構変わって少し使いやすくなったように感じる。その予算700万円を投じて作られたYoutubeのコメント禁止動画も分かりやすい。

こんにちは!電波りようこですっっ!

無線局免許状は相変わらず郵送のまま。いいかげん電子透かし入りのPDFをダウンロードして利用者側で印刷とか、コンビニプリンタの行政サービスで印刷とか、スマホに保存だけでもいいようにしてほしい。もう免許証票は無くなったし、技適マークが画面表示でも良いのだから無線局免許状もデータ表示とか複製物でも運用上問題ないはず。

返信用封筒に入っていた「デンパくん」の電波利用料のパンフレットはまだ「平成」表記の存在しない年が書かれてました。平成時代のパンフ捨てずに令和になっても利用しているのは良いことだと思います。でも、今度刷るときは西暦表示にしたほうが良いと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中