Eスポで中国のFM放送が入る。

スポラディックE層(Eスポ)が連日発生する季節になった。朝夕、カーラジオのFM88.0MHzより上が中華人民共和国や朝鮮半島の放送局でいっぱい。

総務省 – 電波の異常伝搬による受信障害
https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/faq/denpan.html

詳しい説明は他に譲るとして、イメージとしては暑い日の「逃げ水現象」が上空で起きて、低い高度で通常は見通し外の影にある放送局の電波が鏡のように反射して「見える」状態。あるいはプールの底に潜って斜め上の水面が全反射して空ではなくプールの底が見えるイメージ。よくある図では電波が反射しているイラストが三角形に書かれるが、実際には高さ1に対して底辺が5~10くらいの細長い三角形になる。電波は目に見えないが、仮に見えるとしたら仰角は高いところでも 1/5 ≒ tan11.3° と遠くの放送局の電波が反射したものが10°くらいの低い空に光って見える感じ。

ここ数日は中国の放送ばかり入ってきて、時間帯や場所によって日本の放送局はほとんど聞こえなくなる。中国語多少単語を拾えるだけでほとんど分からないが、AMや短波の対外的で堅苦しい放送と比較してFM放送はポップな音楽も流れてるし、しゃべり方もにぎやかで現地の放送のリアルな雰囲気が楽しめる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中