オシロのプローブ壊れた。

ここしばらく続けざまにラジオ作りをしてたら、オシロスコープで使う10:1受動プローブ(いわゆる普通のプローブ)のうち1本が壊れていた。波形が不安定だなとか思って確認したらプローブの根本付近が断線っぽい。

結構高いの。これ。一本約9,000円。素人レベルの使用頻度でも壊れるんか。丁寧に扱ってたつもりなのに。

安物プローブもつながるっちゃ繋がるんだけど、リードアウト非対応で表示を10倍しないといけないし、秋月の安いのは買ったら周波数が低いのはとにかく、ケーブルが固くてミノムシのバネも硬くて使いにくいし、値段なりだなとか思った。

正確で確実な測定には代えられないからメーカー純正のを注文した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中