1石トラ検ラジオを作った。

またまたラジオキットを作った。今度は科学教材社のスパイダーコイル1石トラ検ラジオ。

科学教材社で相当前からあるラジオキット。以前は同じスパイダーコイルを使ったものでゲルマ、1石トラ検、ICラジオ(ミツミの3端子)の3種類で、いつごろからか方鉛鉱などで点接点ダイオードを試せる探針式のゲルマが増えて、以前買ったことがあるIC式はいつの間にか無くなった。今回はその中のトラ検を組んでみた。

ラグ板、ベーク板、カマボコ板を使っていて完全キットの割には手作り感のある作品ができる。回路の割には手間が多くて2時間ほどかかった。部品も取説とは少し違うサイズのものを使っていたり、初級向けとはいえ全く経験が無いとかまわりに聞ける人が居ないと難しいと思う。

補助アンテナ無しでも蚊の鳴くような声で地元4局はきちんと入る。補助アンテナ、電灯線アンテナを使うと十分な音量で聞こえる。同調範囲は490kHz~1872kHzで、上のほうだと中国の短波放送も入ってきたし、コイルの巻き数変更だけで短波放送も入るようになるのがストレートラジオの楽しいところ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中