TVアニメに浸透してきたIoT家電

名探偵コナン  – 第898話「ケーキが溶けた!」
http://www.ytv.co.jp/conan/archive/k11691017.html

複雑な人間関係を理解する必要があるソーシャルな事件が、多いが今回は技術的な事故で分かりやすかった。というかつっこみどころ満載なんでエントリのネタにする。

・内容
喫茶店の冷蔵庫に保管してあるケーキが溶ける日がある。

・原因
タクシー無線がIoT家電の電気ポットに干渉して誤動作、発生した蒸気が冷蔵庫に入って温度が上昇したため。

安室は「電気ポットとタクシー無線の周波数が同じで電波干渉を起こした。」というような発言をしているが公安警察で陸上特殊無線技士の従事者免許を持っているはずなので、これはまずいだろう。電気ポットの周波数がタクシーと同一であることが事実なら電気ポットは技適を受けいていないか、タクシーが違法無線機を使っていることになる。

電気ポットは電源以外接続されていないようだし、1分で沸くタイプではなくて外出先から指示するくらい沸くまで長時間かかるようで、しかも外来電波で誤動作するような安物だから独自の周波数を使っているとも思えず、技適の有り無しは別にしてWi-Fi接続されているのだと思う。2.4GHz帯。

タクシーは配車センターとハンドマイクで交信していた。今どきの配車はシステム化されてて緊急時でなければいちいちオペレータと音声で交信することは少ない。デジタル変調されたつまらない信号が瞬間的に送られて、運チャンへの指示も画面に出るだけ。ただ、このタクシー会社は毎日のように運チャンが道端で指示まで眠てるとか、超絶ブラックな感じがするし、いろいろ遅れているのだろう。もうアナログのタクシー無線は使えなくなっているから、壊れかけの古い無線機を改造して違法無線局として運用しているに違いない。450MHz帯。

ところで探偵バッチもアガサ博士の「すごく高くまで飛べる」ドローンすら誤動作を起こすほどとなると、車両に設置された無線機並みに高出力なのだろうということも想像に難くない。ドローンも黒の組織にクラックされてなくてよかったね。

探偵バッチの所持者とタクシー会社は違法無線局を開設しており街中の機器を誤動作させている可能性大

前日の残り湯を放置したまま店を閉じたり、電気ポットと冷蔵庫を隣り合わせに置くような喫茶店の衛生状態が気になる。

TVアニメに浸透してきたIoT家電」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。ずいぶん前に公衆電話のすぐそばでハンディトランシーバーから2Wくらいの電波を出したら通話中のテレカが勝手に排出されてきたことがあります。インターフェアってやつで、インターホンの呼び出しが勝手に鳴るとか、ビデオデッキからテープが勝手に出てきたりとか、果てはテレビが壊れたりとか結構経験済みです。IoTや無線制御に関係なくある程度強力な電波なら誤動作する機器は結構あるようです。

  2. 電波干渉で操作不能なら分かるけど誤動作ってあるの?電子機器が誤動作(携帯電話の電波でペースメーカーがうんぬん)ならまだ理解できるけど、それならIoT関係ないよね?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中