商用電源を汚くして見る。

長たらしかったので オシロスコープで商用電源を直接測ってみる から分離。

オシロで電源の波形を見て「商用電源はこんなに汚かったんだ!!」なんて叫んでみたい人はこんな波形が見られると思ってるんでしょうか。

AcNoize1

これは電気掃除機のプラグを直接プローブしたもの。下のコンセントの写真で下側が掃除機につながるプラグ。掃除機を動かしヘッドのモータを回してやってようやくサインカーブの頂上が平らになってきたり、ヒゲがちょろっと見えるだけ。離れた部屋のコンセントではヒゲは見えなくなります。

AcNoize2

このヒゲがオーディオのノイズとして現れれば「ジー」って感じで聞こえると思いますが、この程度のノイズを吸収できないようならそのお高い機器の電源がクソな設計ってだけなんで、そんなものは欠陥品だから捨ててしまって、もっとまともなものに替えればいいのに。そうでなくとも配線系統自体が持つ抵抗とリアクタンス分があるからコンセントを別のところに移すだけでも低減されるし。それとも超高級オーディオの超貧弱な電源装置などというものは141Vで100/120Hzの脈流というものすごい歪波な非正弦波を整流してるはずなのに、外付けの変な装置でもって甘やかさないとこんな程度のノイズも除去できず、この程度の歪から輻射される電磁波の影響を受けるほどうんこな電源部なんでしょうね。

正直なところ、太っといケーブルに変えたら余計にノイズの影響を受けやすくなるだけだろって思った。

商用電源を汚くして見る。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 商用電源測定時のプローブGNDが外れていてもよい理由 – の回想録

  2. ピンバック: オシロスコープで商用電源を直接測ってみる – の回想録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中