ホーマーラジオ 2SP211 の音量が大きいわけ

以前作った2石レフレックスラジオがなぜホーマーラジオのキット2SP211よりも音が小さいのか、現物で確認してみた。

IMG_1884 IMG_1883
2sp211curcit
※引用:Homer 2SP211組立説明書より。各電圧は直流電圧、T1とT2は直流抵抗。工業所有権的なものがあるかもしれないので部品の定数は一部のみ掲載とする。T2の電圧比は間違いかも。

全体的には高周波増幅・レフレックス検波・低周波増幅+低周波一段増幅で、段間はトランス結合、固定バイアスで部品点数を抑えている。両段ともAFはトランス負荷になってるのでもともと効率は良いと思う。

まず検波部で、検波ダイオードにバイアスをかけているのがどうも感度を上げる工夫らしい。実験的にシリコンダイオードで検波するときにこうやったりすることはあるが、ゲルマダイオードでも効果があるのか。回路図からだけだとここが一番凝っているように見える。この箇所が何をしているのか長い間理解できなかった。実際には若干の歪の改善か、あるいはいくらか感度が向上すると思われる。
※追記:未確認だがC3に低周波成分の帰還量を増やす意味があるみたい。

次に説明書ではインプットトランスと呼んでいるT1、本来のインプットトランスなら電圧は下がると思うのだが、実際には信号を2倍の電圧に昇圧する動作をしている。手持ちの部品だとドライバトランスのサンスイST-22を逆向きで使っている感じ。容量結合より少しゲインを稼ぐことができると思う。多少の増幅率への効果はあるが、単にゲルマトランジスタ時代の回路の名残なのかもしれない。

そしてトランジスタのバイアス電圧を測ると動作点があやしい。1石AFアンプなら普通はA級増幅で動作させると思うんだけど、Q2のバイアス電圧(VBE)がビミョーでAB級増幅になっている。ボリュームが小さい間は歪が少ないが(左の管面)、ボリュームを上げていくと下側がクリップしてくる(右の管面)。写真は無いがボリューム3/4以上だと上側もクリップする。

2sp211vollow 2sp211volhigh

このAFアンプの動作が「ガンガン鳴る感」を出しているポイントだろう。固定バイアスなので個体差があるかもしれないが、まじめに設計して動作点を決定するより聴感上の音圧は上がるし、実際のキット品ではこういう工夫もあるのだなと思った。カタログで「高感度2石スピーカーラジオでは最高感度品」とうたっているだけのことはある。音はやっぱり歪んでるけどね。

2sp211catalog
※引用:Homerのミニカタログ

回路が工夫されていて検波部など、なんでこうなってるのかパッと見では理解しにくいし増幅回路も固定バイアスだし動作点が変になってるとか、RFT使ってるように見せかけて実はIFT流用でただのLだとか、はんだ付けの練習だけならともかく回路の勉強をするにはちょっと意地悪な構成だなと感じた。

こんな歪んだ音も人によっちゃノスタルジーに浸るには良いエフェクトなんかも知らん。

ホーマーラジオ 2SP211 の音量が大きいわけ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中