CUTKey VC-101ふたたび

知る人ぞ知るミサワホームのCUTKey、15年くらい前に買ってずっと放置してた。何度か捨てようかと思ったが捨てられず今に至る。今使ってるメインマシンにはPS/2入力がキーボード、マウス排他で一つ付いているので久しぶりに使ってみることに。

キーボード配列マニヤではあるが変態キーボードマニアではないのでどうにも馴染めない。でもマスターした後の新境地を求めて今はがまんだ。(一体何を求めているのかも不明)

IMG_1298

CUTKeyや携帯の10キー入力で嫌なのがミスタイプ時のペナルティが大きいこと。通常の入力時、変換前ならミスしたキーストローク+BSでリカバーするので、単純にキーストロークが多い入力方法ほど不利になる。CUTKeyだと「ペナルティ」の「ぺ」や「ぃ」に至っては一文字の入力に4ストロークを要するので、例えば「ぅ」と打ってしまったのを「ぃ」に直すのに9回もキーを押すってことになる。通常のフルキーなら3回で済むのに。このあたりがミスタイプの多い学習初期で特にストレスに感じる。

あとはUIのショートカットキーとかアクセスキーを使う場合、よく考えないととんでもないことになりそうなので、事前によく確認しないといけないあたりがストレスフル。

あとはこのキーボードのメーカにによく似たハウスメーカが嫌いだ。節操なくポストにゴミにしかならないものを入れ続けて、自分が最も嫌な営業電話をお構いなしにかけてくるあたりが。

CUTKey VC-101ふたたび」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: の回想録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中