いちばん簡単でいちばん詳しいDX-SR9Mのデジタルモード付きの局免申請のし方。

アルインコのHFオールモード名機DX-SR9M/J

名機なのに技適無しで申請が面倒。名機なのにネットを探しても開局申請したという報告があまり無い。6エリアのOM局長様がTSSでデジタルモードを保障認定したことを報告されているが取説通り・メーカーの系統図で、ということになっている。アマチュアのデジタルモードは去年簡素化されたので取説とメーカーの開示している情報通りだと簡略化前の内容になっているから整合をとるのが面倒。

12年以上前に当局のデジタルモード申請をしたときはTSSやら総通から問い合わせが来て回答書を作ったりして非常に面倒だった。さすがにデジタルモードが浸透した今はそんな面倒な事にはならないだろうけど、今回もなるべく楽したいし、附属装置を少しいじったくらいで再度申請とか必要無いように申請したい。

ということでDX-SR9Mを使ってデジタルモード有りで、できる限り簡単な内容で保証認定と免許申請をしてみる。今回は初めてJARDの保証認定を使ったがTSSでも同様だと思う。ちなみにアルインコが商品ページでTSSではなくJARDを推しているのはAlincoがJAIA加盟メーカーだからと推測した。JAIAの関連団体リンクにあるアマチュア無線関連団体の順列ではJARDが先頭にあってTSSが一番最後にあるからJAIAの2社に対する扱いが読み取れる。アルインコの商品ページでJARD推しになってるのは、TSSよりもJARDを使ってくれというアルインコの隠れたメッセージだろう。(並びは50音順だろうと言われればそうかもしれないが、JARDとJAIAは関係性が深い。)

局免申請の「事項書及び工事設計書」
13 電波の型式並びに希望する周波数及び空中線電力

3アマさんは10M、14M無しで。

15 備考 簡素化デジタルモード手続きのキーワード「デジタルモードのため附属装置(PC)を接続」を書いておく。
16 工事設計書 工事設計書の中は後述。
添付書類 JARD/TSSから送られてきた保証認定の書類を追加。

16 工事設計書の工事設計書編集から工事設計情報入力を行う。基本的には取説から拾って次の項目を埋めるが、取説からは変調方式の入れ方が分からない。画像参照。
・発射可能な電波の型式及び周波数の範囲
・変調方式
・終段管
・定格出力
・添付書類:後述

電波の形式を入れるのが面倒。

添付書類には送信機系統図を追加する。画像ではPDFを添付しているがJPEG二枚でも良いはず。
1ページ目は取説をスキャンしてDX-SR9M(50W機)の内容だけにしたもの。取説はDX-SR9J(100W機)と共用になっている。
2ページ目は附属装置の接続を書いたもの。これが今回のポイント。メーカーの説明のようにモードごとの細かい諸元は書かない。

スキャンした画像をちょっと編集する。

取説やメーカーの説明ページにある送信器系統図は簡素化されたデジタルモードの手続きから照らし合わせると冗長すぎるし、将来新モードを追加する場合は申請内容との不整合で疑問が生じる。

DX-SR9Mは最初から50Wに設定された送信機だから3アマでも問題なく保証認定されるが、DX-SR9Jを50Wに設定した送信機を3アマが申請する場合はメーカーかJAIA加盟店(販売店)が作成した「空中線電力50W固定措置に関する証明書」を添付する必要があるかもしれない。1アマ・2アマの場合は改造箇所の写真とパワー計で各バンドの出力を測定している写真を添付すればOK。移動する局の申請で面倒に巻き込まれたくなければ1アマでも最初からDX-SR9Mを買う。

名機なのに高めのハンディ機くらいの値段しかしないから誰もが買いやすいのに10W機の設定が無く、残念ながら4アマはこの名機を使うことはできない。仮に送信ができる状態のDX-SR9M/Jをアンテナを繋ぐと不法無線局の開設に対する罰則として「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せらるほどの犯罪行為。3アマか2アマにステップアップしてこの名機を堪能しよう。

VLSCに入れなくなるMSアカウントをなんとかする。

ボリュームライセンスセンターのログインでMicrosoftアカウントが使えなくなった。

ここしばらくV契約で買ったソフトを新規に入れることがなくて気づかなかったが、告知欄でも2020年10月以降MSアカウントが使えなくなると書かれているし、少し前から「操作が必要」の警告は出ていたのに面倒でスキップしていて気づいたら「あと1回」とか煽られた。MSさんは1年も猶予を与えてくれていたというのにMS信者としては失格である。

個人のVL契約は「死ぬまで有効」な悪魔の契約にもかかわらず、それが参照できなくなるとかありえない。でもあくまで個人の契約だから個別ドメインの「職場アカウント」なんて持って無いし。

VLSC アクセスのための職場または学校アカウントへの移行
https://docs.microsoft.com/ja-jp/licensing/work-school-accounts-migration-faq

冒頭部を引用 ・・・移行する理由
Microsoft は、職場または学校のアカウントを必要とする M365 管理センターなどの最新のプラットフォームにボリュームライセンス機能を移行することが増えています。 職場または学校のアカウントに移行することで、ユーザーは、ボリュームライセンスサービスセンターやその他の Microsoft サイトでの Visual Studio など、オンプレミスのソフトウェア、オンラインサービス、およびサブスクリプションを管理するための1つのログイン ID を持つことができます。


はい、日本語でおk!

この説明を見てMSアカウントで入れなくなることが何なのか理解できるほどVL契約をしている逸般的な個人や独自ドメインを持たない個人事業主が利口とは思えない。

結論からいうと「操作が必要」画面の中の「アクションを実行」で入れる画面で、Microsoft 365のAzure ADアカウント(namae@xxxxx.onmicrosoft.com)を任意に作成でき、それを「職場アカウント」として使うことができた。

画面の指示に従って、Windows 365アカウントを作成。

1.現在の有効なメールアドレスを入れてメール着信確認。
2.名前などを入れる。
3.xxxxx.onmicrosoft.comに使うxxxxの部分を決める。
4.namae@xxxxx.onmicrosoft.comの形式のアカウントとパスワードを決める。
これが今後VLSCにログインするための「職場アカウント」になる。

アカウントの作成画面がWindows Store for Business Trialとなっていて意味不明な感じだが、作成したアカウントがWindows 365の管理者アカウントになる。Office365のライセンスを適用させるとメールアドレスとして使えるが、ライセンスを適用しなくてもVLSCを使うだけなら問題ない(と思う)。

これで無事継続してVLSCを使い続けられる。VLSCで取得できた永続版のソフトウェアやプロダクトキーはMicrosoft 365 管理センターで取得できるようになっていた。

DX-SR9でSDR

Alinco DX-SR9の目玉機能に掲げられているSDR対応を試してみる。

メーカーのカタログで標準ソフトとしてKG-TRXというフリーソフトが紹介されている。IQ(IF)出力のセンター周波数が12kHzなのでDC領域から取り込めたとすると0~24kHz、IとQ両方合わせてSDRで利用できるバンド幅は48kHzが上限となる。SR9のSDR機能をフルに活用するなら上限で24kHzまで取り込みできる、サンプリングレートが48kHz16ビットを使うのが最適なのだが、最近のハイレゾ対応のものならよいかもしれないが、48kHzが上限のオーディオ用サウンドアダプタ24kHzあたりまでフルフラットか怪しいし、0Hz(DC)なんてどう考えてもそのままでは取り込めない。

したがってオーディオアダプタの周波数特性に依存してSDRの特性も変わってくる。理屈は小難しいが、こういうのは実際に見てみるほうが早い。

7MHz CWのあたり
7.1MHz SSBのあたり

ノイズフロアがこんもりしていてこれがそのままSR9+オーディオアダプタを組み合わせた特性になる。仮にDCから取り込めるAD変換ボードで取り込んだうえでSR9の逆特性で補正してフルフラットになればノイズフロアは平らになるはず。

ノートPCのオーディオ入出力が4極コネクタで変換するのが面倒だったので古いUSBアダプタを使ったらハマった。Windows 10のインボックスドライバだとサンプリングレートが変更できないしモノラルでしか取り込みできず変なことに。メーカーにはWindows 7 64ビットまでのドライバしかなくて、そのままでは正しくインストールできず、セーフモードでインストールしてやっと使えるようになった。

正直Windowsのサウンド周りの設定さえ理解して設定できれば2chステレオのAF信号を扱っているだけなのでトラブルらしいトラブルは起こらない。このソフトの機能はシンプルで他のSDRソフトを使ったことがあれば難なく使えるだろう。ほかのSDRソフトと違うのは送信にも対応しているのでPCに内蔵するオーディオインターフェースは入力と出力が2組必要。出力は外部モニタがHDMI経由の音声出力を持っているなら活用できる。入力はマイクとLINEステレオ入力を独立で確保できないならもう一つオーディオインターフェースを追加する必要がある。

性能はIC-R8600とは比較にならないとはいえ、いちおうSDRとして受信ができることは分かった。SDRのトランシーバーがどういうものか理解するのには良い教材だと思う。正直これの使い方に言及している情報がほとんど探せなくて、ごくわずかに見つかるが、国内で使っている人がどれだけ居るのか疑問ではある。

FT-450DよりDX-SR9のが使っていて面白い気がする。